ひよっこビジネスマンがマネジメント能力を上げるために頑張る話

某社のコンサルタントです。自分自身のマネジメント能力を上げるため、初心者向けに考え方やノウハウを書いています。最近勉強し始めた仮想通貨やお金そのものについての考察もたまに書きます。連絡先:kochirayuki1005@gmail.com 多くの方からご依頼やご相談をいただき感謝申し上げます!

価値の総量を考えてみる ビットコインの適正価格 人類の価値の総量とは

以前、「ゴールド」にはある種普遍的な価値が半面ある、ということを書きました。

残りの半分は人為的な価値、つまり皆が欲しがるから欲しがるというものです。

 

ところで、価値というのは希少性があるからこそ生まれるといいます。

「欲しい」と思う量に比べて、実際に存在する量が少ないからこそ価値が生じます。

 

ということは、もし一人一人が「欲しい」と思うことの総量が決まっているのであれば、価値そのものの総量も決まるのではないかと思うのです。

 

人の興味があるものに集中していた時代から、現代のように爆発的に多様性が増した時代においてはかつて価値のあったものへの「価値の集中」が薄れ、分散しているのではないかとも思います。

 

よく、ある食べ物について「江戸時代には大名しか食べられなかった」みたいなものがありますが、これには「捕れる量が増えた」という希少性の減少の他に、「食べられるモノの種類が増えた」という価値の相対的な下落みたいなものがあるようにも思います。

 

仮想通貨についても同じことを考えてみると、仮想通貨という新しく莫大な「価値」が生じたことによって、もし「価値の総量」が変わらないのであれば他の価値が減るという可能性もあり、ともすれば今ある何かの価値をそのまま奪うということも考えられます。

 

そこで、このブログでよく書いている「ゴールド」の価値をもし仮想通貨が奪うのであれば仮想通貨の総価値はどのくらいになるのだろうということで調べてみました。

 

金の総量を調べてみると、15万トンくらいのようです。

金の価格は長らく1グラム1000円~2000円くらいの間にあり、現在は4000円くらいです。

1グラム⇒4000円

1キログラム⇒400万円

1トン⇒40億円

15トン⇒600億円

 

思ったより少ないという印象です。

金はおよそ75%がすでに採掘されているので、残りは5~7トンくらいらしいです。

つまり、200億円程度の価値しか残っていないということになります。

 

ビットコインは2100万枚が上限と設定されています。

 

もし仮に、ビットコインの総量の価値と金の総量の価値が同じなのであれば、

金の総量の価値は上記から800億円くらいなので、

800億円÷2100万枚≒3800円/1BTC

ということとなります。

 

ちょっと現在の価格との乖離が大きいです。

 

そもそも、価値の総量があるのかというところから検証しなくてはならないし、金の価値の総量が思ったより少ないですね。

引き続き、この観点で調べてみようと思います。