成功したいひよっこビジネスマンが頑張る話《日々のPDCAを回す》

都内勤務のコンサルタントです。行動を続けることで日々自分のスキルと知見を磨いていきたいです。連絡先:kochirayuki1005@gmail.com 多くの方からご相談をいただき感謝申し上げます!

自分の夢と今の仕事を接続させる

今自分が本当にやりたい事をすぐにできるわけはないが、その方向に進む事はできる。

やっておけばよかったと思うのであればいますぐにやるべきかと思う。
その方向に進むため、やりたいことをするべきことのためであれば、今は嫌な事もやりきることができる。

その接続ができるかどうか、その接続ができる仕事かどうか。

例えば、営業という仕事はその点、様々なことにつなげやすい職種ではあると思う。

あらゆる方向に対して接続の可能性、接続のさせ方が多い職種ではある。

努力の苦しみよりも、それをしなかった苦しみの方が強く、
一瞬一瞬の努力による労力の方がそれをしなかった時の労力よりもはるかに少ない。



努力も節約も24時間するものではなく、動くその一瞬や買い物をするその一瞬だけ我慢すれば良い話。ずっとと考えると辛く思うが、実際は一瞬である。

小さい一瞬の積み重ねで、段々とその一瞬の効力が大きくなる。

一瞬の我慢を終えた後の自分では次の一瞬ではよりその効力が大きいのである。
つまり、努力は積み重ねとはそういう意味であって、相撲の金星のように生涯有効な積み増しである。


多くの人にある癖として、負荷がかかった瞬間に力を緩める。肉体的にも心理的にも。仕事や行動にもそれが全て現れており、完全に癖となっている。
いつの頃からか、という話であるが、無意識に合理的となっているところからくるものでもあるのか。

そこで一瞬でも負荷をかけて行動できればそれが積み重なるはず。