成功したいひよっこビジネスマンが頑張る話《日々のPDCAを回す》

都内勤務のコンサルタントです。行動を続けることで日々自分のスキルと知見を磨いていきたいです。連絡先:kochirayuki1005@gmail.com 多くの方からご相談をいただき感謝申し上げます!

地域福祉に託すしかないのか 一度ブレスト

福祉限界が近づいているのではないだろうか。しかし、福祉を止めることはできない。人材不足の時代はもう既に様々な業種で軋む音をあげ始めている。

 

あくまで私見であることをあえてもう一度述べたうえで申し上げるが、福祉や介護の世界に必要充分な数の人を呼び込むことは正直かなり難しいミッションである。

ただでさえ、ほぼすべての業種で人が不足しており、誰もが自由に職を選べる時代になかなか足を踏み入れるひとは多くないのが実情ではないだろうか。

 

しかし、冒頭に書いたように福祉を止めることはできない。そこで、これはもう地域に託すしかないのではないだろうか。もう一度、あえて地域互助という社会を作り上げる必要があるのかもしれない。

日本でも地域福祉という考え方は近年段々と浸透を始めている。

 

地域福祉とは、 2000年に制定された社会福祉法において社会福祉の主流として注目を浴びる考え方である。福祉サービスの利用者の利益の保護、地域における社会福祉の推進を図るとともに、社会福祉事業の公明適正な実施の確保、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図り、もって社会福祉の増進に資することを目的とする。

 

社会福祉事業の範囲を定め、福祉サービスの基本的理念を「個人の尊厳の保持を目的とし能力に応じた自立的日常生活を支援するもの」としてとらえ、地域福祉推進を図り社会福祉事業者は利用者の意向を十分に尊重すること、国および地方公共団体が福祉サービスを提供する体制確保を図ることなどを定めている。

基本的な福祉ニーズは公的な福祉サービスで対応する、という原則を踏まえつつ、地域における多様なニーズへの的確な対応を図る上で、成熟した社会における自立した個人が主体的に関わり、支え合う、「新たな支え合い」(共助)の拡大、強化が求められている。
ボランティアや NPO住民団体など多様な民間主体が担い手となり、地域の生活課題を解決したり、地域福祉計画策定に参加したりすることは、地域に「新たな公」を創出するものである。

 

地域福祉の効率的で、効果的な実施のためには市場、行政、非営利セクターがそれぞれの弱点を補い合い、住民の生活課題に対応することが必要である。
地域福祉においては、市町村が住民の福祉を最終的に担保する主体として、公的な福祉サービスを適切に運営する。

 

それによって、地方において増加している高齢者の支援などがより効果的に配分できることが大きなメリットのうちの一つである。地域ごとに求められている福祉の状況が異なるために、実情に合わせた福祉を実施するという点において、中央からの杓子定規な福祉よりも効率的な支援体制を構築可能である。


また、市町村は、住民との協働の相手方として、以下の役割を具体的に担っていると言える。住民の地域福祉活動のための基盤を整備、専門的な支援を必要とする困難な事例に対応、住民の地域福祉活動と公的な福祉サービスとのつながりを改善などである。


地域福祉の福祉概念は、暮らしのあらゆる場面で起こりうる生活課題に対応する、幅の広いものとしてとらえることができる。

方法や対象をあらかじめ限定することなく、生活課題に対して柔軟に対応することが可能である。そして、この福祉体系の拡充には最初に住民が近隣のちょっとした変化に気づき、課題として共有し解決したり、専門家や行政に通報し公的な福祉サービスにつなげることが肝要である。