成功したいひよっこビジネスマンが頑張る話《日々のPDCAを回す》

都内勤務のコンサルタントです。行動を続けることで日々自分のスキルと知見を磨いていきたいです。連絡先:kochirayuki1005@gmail.com 多くの方からご相談をいただき感謝申し上げます!

人工知能って何? 人工知能について少しづつ勉強してみようと思った

ニュースや仕事の場面でも非常に多く耳にするようになった人工知能という言葉。

 

自動運転や将棋などその分野は実に広い。

 

我々の業界にも恐らくすぐに進出してきて、いくつかの職業はなくなってしまうのだろうか。

しかし、脅威というよりもちろん人工知能とは人間の活動をより効率的に、よりスピードアップして行うために開発されているものであって、人工知能の発達は必ず私たちの生活をより豊かにしてくれるだろう。

 

さて、ここまで人工知能とは何か、全く分かっていない状態で書き進めている。

 

そこで人工知能について調べてみたので、自分なりにまとめてみようと思う。

 

人工知能の定義】

 

人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム、らしい。

 

人間の言葉を理解したり、感覚を理解したり、先述したようにその活躍範囲も広いが定義も広い。

 

ざっくり言うと、人間のような知能を人工的に作る事全部を人工知能という。しっかりと定義されているわけではない、というのが実際のところ。

 

応用出来る分野が広いので、それぞれについて人間の知能っぽいことができれば人工知能と呼んでいるので定義も広くなってしまっているらしい。

 

つまり、私たち素人が思っている、人工知能の大体のイメージがそのまま定義であるということだ。

 

人工知能のブームについて】

実は人工知能ブームは今回が3回目らしい。

 

これまでの2回は技術的な限界が見えた段階で研究者や世間からの関心が薄くなってしまい、研究が進まないまま放置されるということが起こっていた。

いずれも、「結局は人間が入れたものしかできないから、人間がやった方がいいね」というところで投資対象から外れてしまったようだ。

 

それが今回は

ビッグデータの蓄積と利用方法の進化

ディープラーニングの開発

 

という二つの技術的革新によって、人間を超える可能性や実際に分野によっては人間を超える人工知能の開発が可能になったことから人工知能ブームが爆発している。

 

人工知能の種類】

人工知能には2種類ある。いずれもイメージしやすい分け方である。

・特化型

→何かの分野に特化した人工知能

自動車の運転技術や将棋ソフトなど

・汎用型

→分野を横断して、複雑な問題を解決するより人間に近い人工知能

 

人工知能のレベル】

人工知能の定義は広いので、人工知能のレベルにも色々ある。

 

最も弱いレベルだと、エアコンの温度調節機能のように、センサーなどと連携してあらかじめプログラムされた機能を行うもの。

少し強くなると、動きのルールをプログラムするとそれに従って動くもの。昔の将棋ソフトなど。

さらに強いものは、多くのパターンから次のパターンを予測することができるもの。つまり、ルールを一度教えると、そのパターンを応用して次の判断ができるようになる。

ここのレベルが機械学習

そして最強レベルの人工知能は、最初のパターンすら教えなくても自分でパターンを発見して、もしくは教えたものよりもよりよいパターンを発見して自らの判断で動く事ができるもの。

つまり、このレベルがディープラーニング(深層学習)である。

 

長くなりそうなので、一度このあたりで記事を分けようと思う。

 

人工知能というものの大体のイメージは掴めたと思う、

もう一枚の記事で機械学習ディープラーニングの違いなどを書いていく。