成功したいひよっこビジネスマンが頑張る話《日々のPDCAを回す》

都内勤務のコンサルタントです。行動を続けることで日々自分のスキルと知見を磨いていきたいです。連絡先:kochirayuki1005@gmail.com 多くの方からご相談をいただき感謝申し上げます!

先ほどの記事を書きながら思ったこと【ブログタイトルの付け方】

先ほど、決断力・判断力について考えるという記事を書いてみたが、それを書いていく際に決断力というワードで検索をしてみた。

 

その際に、決断力とは、や決断力の鍛え方という記事が出て来てなるほどと私は思った。

 

決断力とは何か考えるという記事はつまり、自分のための記事であるということ。

 

もちろんブログとは自分のための日記であるという面も持っているのであるから、それも間違っているとは言えないのであるが。

 

しかし、わざわざネット上に記事を公開し、誰かに読んでもらうことを前提としてものを書いているのであれば、その姿勢は明確に間違っていると言えるだろう。

 

つまり、私が読んだような上位表示されている記事は全て、読み手の存在を意識して記事を書いているのである。

 

読み手は何かを求めて検索を行う。問題の解決や好奇心など、読み手の主観で何かしらを得たいと思うから検索をして記事を読むのである。

 

だからこそ、彼ら読み手にとってその記事が何かしらのソリューションになるように記事を書かなくては読まれないし、タイトルもそのように付けなければ流入もしない。

 

読み手を意識し、読み手は何を求めて記事を探しているのかを考え、その要求に答える記事を書く事、要求に答えるタイトルを付ける事が非常に重要である。

 

そのうえで、読みやすさを意識して記事全体を構成することも大事で、さらにそれが有効なコンテンツとして働きかけることができれば評価される記事であるということができるだろう。

 

まずは読み手を意識することから始めてみようと思う。