成功したいひよっこビジネスマンが頑張る話《日々のPDCAを回す》

都内勤務のコンサルタントです。行動を続けることで日々自分のスキルと知見を磨いていきたいです。連絡先:kochirayuki1005@gmail.com 多くの方からご相談をいただき感謝申し上げます!

自分の夢と今の仕事を接続させる

今自分が本当にやりたい事をすぐにできるわけはないが、その方向に進む事はできる。 やっておけばよかったと思うのであればいますぐにやるべきかと思う。 その方向に進むため、やりたいことをするべきことのためであれば、今は嫌な事もやりきることができる…

【短い記事】テレビを消してみる、3分間だけ

私はテレビをずっと見てしまう。家にいる間は常にテレビが着いている状態だ。 これは恐らく子供の頃からの影響で、ずっとテレビが着いている環境だったと思うし、自分の部屋にテレビを置いてからは勉強するときにも常にテレビの音を聞いていた。 その状態で…

便利と簡単は違う 「便利だけど難しい」になっていないか

メルカリを使ってみた。実に操作が簡単で、とても使いやすかった。 簡単便利という言葉がある。「使い方も簡単で便利」などとキャチフレーズ的に使われることが多いが、この時の「便利」という言葉にしっかり意味を持たせているか。 多くの機能があり、あら…

名前を付けるだけで成果が上がる!目指すは「夏の甲子園」

あるモノやある行為、行事に名前を付けることがある。 例えば、夏の高校野球選手権大会を「夏の甲子園」と呼ぶなどといったことだ。 他にもマネジメントの立場で様々な行事や営業メンバー向けイベントなどを設計していると、キャッチーな名前をつけるという…

誰のために働くのか 人生の時間を増やす時間主義社会

働くということについて、この記事ではあえて穿った見方をしてみようと思う。 外で働くというのは、誰か他人のために働いている訳で、ずっとそれを続けるというのは実際どうなのか、あたかも正しいように言っているけれども本当に正しいのか。 資本主義の世…

情けは人のためならず、社会の為である

困っている人を助けるということについて考えてみようと思う。 その行為そのものが良い悪いという話や偽善どうのというものも一旦無視して、困っている人を助けるという行為は全体最適に近づく行為だと思う。 そもそも、なぜ人助けだったり困っている人を助…

【短い記事】3割アップと3倍にアップの違いをきちんと認識する

生産性を向上させたいと思ったり、売り上げを上げたいと考えたり、現状からよりよく改善したいと思う事は文字通り四六時中多くの人が考えていることだろう。 ある数字をあげたい!と思うのは大事だが、そのゴールを見据えた動きはできているだろうか。 とに…

目標達成のシナリオは一言で言い切る! マネジメント初歩

前の記事で、目標達成には行動から売り上げ目標達成までのシナリオを描く事が必要だと書いた。 www.ygov.tokyo その際に、どのフェイズにボトルネックがあって、どこで流れが止まっているのかを見極める必要もあると書いた。上記のボトルネックを発見するこ…